ニートが3000万円を仮想通貨で稼いだ方法!!

何の取り柄もないスーパーニートが仮想通貨でどのように稼いだのか!? 仮想通貨の光と闇に迫った実録ブログ。

ヤフー、仮想通貨事業参入を表明!

数千万円を仮想通貨でどのように稼いだのか!?

こんばんは、ニート仮想通貨くんあきです。

 

目次

 

ヤフーが2018年4月13日に仮想通貨参入を発表!

 

最近仮想通貨界では明るいニュースが多く報道されているが、今回のニュースも大きな好材料になるだろう。

 

インターネットサイト運営などで大手であるヤフーが仮想通貨交換業者である”ビットアルゴ取引所東京”に二十数億円出資し、株式の40%を取得する予定だ。

 

ビットアルゴ取引所東京は”みなし業者”ではなく登録業者であり、業者の新規登録の風当たりが強くなる中、審査通過した業者という点が出資基準になったと思われる。

 

2018年には取引所サービスを開始させるほか、ブロックチェーン(分散型台帳技術)を利用したサービスも今までヤフーが持っているノウハウを活かし展開する狙いだ。

 

参照:ヤフー、仮想通貨事業に参入 18年秋に取引所サービス :日本経済新聞

 

マネックスグループ以来の大手仮想通貨業界参入 

 

2018年4月6日にマネックスグループコインチェックを買収したというニュースがまだ真新しいが、それに次ぐ仮想通貨界には大きなニュースである。

 

しかしながら、コインチェックは未だ”みなし業者”であり現時点で遅れを取っている分、マネックスグループの抜本的改革の下でどれだけ早く認可が下りるかということが注目すべき点である。

 

マネックスコインチェック買収の詳細はこちらから⇩⇩⇩

www.kasotsukakun.com

 

次々と大手が仮想通貨界に参入する理由

 

仮想通貨界では年始の多額のネムNEM)の流出等で仮想通貨の有用性が広がる前にマイナス材料の方で世間に広まってしまった。

しかしながら、なぜ大手はこのリスクがある世界に参入しようとするのか?

 

それはこれから仮想通貨に携わる人々が増え、更に普及すると見ているからではないのか?

つまり、そのリスクよりも参入する利点の方が大きいという判断を公表しているのと全く同じなのである。

 

しかし以前まとめた”どのくらいの人が仮想通貨に関わっているのか”という統計の記事を見てみると、既に若手ビジネスマンの13.5%が仮想通貨に関わっているのだ。

そう考えると”これから普及”という表現ではなく”普及しつつある”という表現の方が近いと私は思うのだ。

 

 

 仮想通貨に関わる統計記事はこちらから⇩⇩⇩

www.kasotsukakun.com

 

大手参入によってこれから仮想通貨界にどのような影響が出るのか?

益々仮想通貨のこれからに目が離せない。

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

これからもニート仮想通貨くんあきをよろしくお願いします。

 


ブログランキングに参加しています。
この記事を読んで少しでも”良かったな!”という方は応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 初心者のための、マネー入門!へ
初心者のための、マネー入門!