ニートが3000万円を仮想通貨で稼いだ方法!!

何の取り柄もないスーパーニートが仮想通貨でどのように稼いだのか!? 仮想通貨の光と闇に迫った実録ブログ。

リップル(XRP)がApple Pay(アップルペイ)に導入か?

数千万円を仮想通貨でどのように稼いだのか!?

こんばんは、ニート仮想通貨くんあきです。

 

目次

 

アップルがリップルの技術をアップルペイに導入すると発表

 

Use The Bitcoinの報道によれば、アップルがリップルXRP/Ripple)の技術をアップルペイ(Apple Pay)に導入すると発表しました。

 

アップルといえばマックブックやiPhone、アップルウォッチで有名な誰もが知るハイテクメーカーの一つですよね。

なんと日本人のスマートフォンシェア率におけるiPhone所有率は70%に近いという数字も出ているくらいです。

 

リップルの技術を導入することでの狙い

 

それはズバリ、アップルペイ(Apple Pay)の更なる普及です。かなり普及していると思われるアップルペイ(Apple Pay)ですが、未だに問題は抱えています。

それは異なる価値同士での決済です。

 

例えば、人類に貨幣というものが誕生する前にされていたのは物々交換です。

そして貨幣が誕生して以来基軸通貨として活躍していくわけですが、今現在その常識も覆りつつあります。

 

現物として現金を持っていなくても買い物ができるクレジットカード、電子マネー、またもや仮想通貨などによる支払い方法の多様化は基軸通貨を通さなくても生活できる時代をグッと近いものにさせています。

 

そこで問題になってくるのがそれぞれの価値の間の互換性です。それにもまして多数ある仮想通貨同士の互換性をもたやすくすることが出来るのがリップルXRP/Ripple)の技術なのです。

 

つまりリップルXRP/Ripple)の技術は価値と価値の間にある仲介の役目を果たすんですね。

 

アップルはリップルの技術を採用した最初のIT企業

 

世界中の色々な銀行とも提携しているリップルXRP/Ripple)。また巷ではグーグル(Google)がリップルXRP/Ripple)に出資していてその技術を導入するとの噂がありますが、先を越してアップルが世界初のリップルXRP/Ripple)の技術を採用するIT企業になりました。

 

2018年4月11日からリップル価格が暴騰

 

このニュースの影響か分かりませんが今までビットコインの価格に付随する形で推移していたリップルの価格が11日からビットコイン価格を差し置いて暴騰し、その後付いていくようにビットコインも暴騰しています。

 

この影響でネガティブ相場だった年始から一気にポジティブ相場になることを願っています。

これからもリップルXRP/Ripple)の最新情報から目が離せません!

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

これからもニート仮想通貨くんあきをよろしくお願いします。

 


ブログランキングに参加しています。
この記事を読んで少しでも”良かったな!”という方は応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 初心者のための、マネー入門!へ
初心者のための、マネー入門!