ニートが3000万円を仮想通貨で稼いだ方法!!

何の取り柄もないスーパーニートが仮想通貨でどのように稼いだのか!? 仮想通貨の光と闇に迫った実録ブログ。

ネム流出事件の真相に迫る!

数千万円を仮想通貨でどのように稼いだのか!?

こんばんは、ニート仮想通貨くんあきです。

 

目次

 

640億円分のネム流出!!

1/26衝撃的なニュースが入ります。

 

これは日本のある仮想通貨の取引所コインチェックにて当時640億円相当のネム(仮想通貨の一つで、XEMと書くこともあります)がハッカーによって盗まれるという重大な事件がありました。

 

それまでも日本海外限らずハッキングの被害というものはありましたが、これほど高額な盗難というのは前代未聞のことでした。

 

 

コインチェックに預けていた資産は凍結

 

コインチェックを利用していた投資家たちの資産は凍結状態になり機能停止や出金制限もかかってしまいました。

 

つまり実質上、売却も移動もできない強制ホールド状態になってしまったということです。

私も少額ですが保有をしていたため、全く動かせない状態でした。

 

 

流失してしまったネムは戻ってくるの!?

 

コインチェック側は1/28日、

流出総額5億2300万ネム保有者数約26万人に対し

88.549円×ネム保有数を保証すると発表するも”いつ、どうやって返還するかは検討中”とのコメントを出しています。

 

そして3/12コインチェックは、日本時間の1/26 23:59:59に保有していた所有者に対しての保証を上記の条件で始めました。

それから立て続けに3/12,22と他の仮想通貨の取引の再開を始めました。

 

 

そもそも原因は何だったのか?

 

これはずばりコインチェックのセキュリティーに問題があったという他ありません。

 

コインチェックが公表によれば、資産の保管方法は”コールドウォレット”と言われていて、オフラインで資産を保管することで完全に物理的に隔離しハッキングは不可能な状態にしているとのことでした。

 

じゃあハッキング不可能ならどうして??

 

実際はコールドウォレットで保管していなかった

 

この一言です。

つまり公表していることと現状に差異があり、その差異によって起きた問題によってその虚偽が見破られてしまったという悲しい結末です。

 

記者会見でコインチェックは”技術的に難しかった”としており、私は技術者ではないので分かりませんが、確かにネムという仮想通貨の特性上、コールドウォレットでの保管は難しいとされているみたいです。

 

しかし、私が思うのは技術的に難しいならそれはしょうがないと思う。

でも、

 

虚偽の情報を発信していた

 

そのことに対しては激しい怒りを覚えます。

利用者はコールドウォレットだからと信用して利用していた方もたくさんいらっしゃったと思います。

 

それを逆手にとって”詐欺まがいのことをしていた”と言われてもしょうがないくらい重大なことをしてしまったと私は思います。

 

 

金融庁が業務改善命令に踏み出す

 

金融庁は2/13までにコインチェック側に顧客への対応や原因の究明を含めた報告書の提出を求めています。

そして既に業務改善計画書を行政に提出は終えているとのことです。

 

 

流出したネムの行方は?

 

ここで気になるのは盗まれたネムはどこに行ってしまったのかということです。

最新のニュースによれば、仮想通貨の特性上コインの追跡は難しく、ネムの普及を目指しているネム財団が行方を追跡するも既に中断している。

 

また、匿名性が高いインターネットサイトでそのネムが売られていたり、マイナーな取引所での換金により既に全額他の仮想通貨に交換されている可能性が高いとの考えが示されている。

 

 

私個人的には仮想通貨の可能性は有望なものだと考えているので、こういう形で信頼を失うのは残念なことでもあります。

 

しかし、様々な問題を機に技術や法律が追い付いて、もっと豊かな生活を私たちに与えてくれるようなそんな時代を私は祈っています。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

これからもニート仮想通貨くんあきをよろしくお願いします。

 


ブログランキングに参加しています。
この記事を読んで少しでも”良かったな!”という方は応援クリックお願いします!
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 初心者のための、マネー入門!へ
初心者のための、マネー入門!